私たちは、すでに新しい世界を生きている~「問題」はどこにもない

私たちは、すでに新しい世界を生きている。

いわゆる「問題」と言われるものは、誰かがつくった概念で、自分の中にも、目の前の人の中にも、そもそも「問題」なんてどこにもない。

例えば、「不登校」ということばは、そもそも誰が作ったことばだろう?
その言葉を使うときに、どこかマイナスな意味合いを含んで使っていないかな?

でも、今、目の前にいる子どもは、その子としては何の問題もない、という事実。今、見ないといけないのは、目の前にいる子どもだということ。

だから、語られてるのは過去のことばであって、私たちは、すでに新しい世界に生きているのに、それを表すのとは違うことばを語ってしまっていることがある、ということ。

そう、私たちは、すでに新しい世界に生きている。

だから、新しい世界の、新しい価値を表すことばを、自分のことばで生み出していくことが、問われているんだと思います。

今、目の前にいる子どもたちが、その答えを見せてくれています。

今のこの瞬間を生きていることば。それをしっかりと見つけて、語っていきたいと思います。

※2010~2017年に書いた前のブログから抜粋して、加筆修正したものを、投稿しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました