「やりたい」ではなく「やる」と決めること~デモクラティックスクール研修

デモクラティックスクール設立準備会 in広島

2010年5月、兵庫県にあるGHBセンター が主催するデモクラティックスクールのインターンプログラムに参加しました。

研修の会場は、デモクラティックスクール「まっくろくろすけ」 。

この研修を知ったのも偶然で、たまたまインターネットで検索しているうちに見つけ、問い合わせたら、ちょうどこれから募集するところだというタイミングでした。

そのときは、デモクラティックスクールを自分が本当に作るのか、まだはっきりとは言えないけれど、自分の思いが本物かどうか確かめてみたい、何よりもまずは、デモクラティックスクールってどんなところなのか、体験してみたい、という思いでした。

そして、6歳の娘も一緒に、4日間の研修に参加してきました。

日中は「まっくろくろすけ」で子どもたちやスタッフの皆さんと一緒に過ごし、そして、朝と夜は、ナビゲーターであるGHBセンターの児島さんとの対話の時間があります。

「今、何を感じてますか?」

対話は、いつもここからはじまります。ことばが出てくるときもあれば、出てこないときもある。けれど、答えは自分の中にあって、それを引き出してもらっているような、答えを教えてもらうのではなく、答えを自分で見つけていく過程を支えてもらっているような、そんな体験でした。

この研修を通して、これだけは受け取った!といえることが1つあります。

それは、「デモクラティックスクールをやりたい」では、何も始まらない。「やります」、つまり、やると決めることで、ようやくスタートラインに立てる、ということ。

「私は、デモクラティックスクールをつくります」そう言ってみた。なんだか、不思議な感覚。大丈夫かなあ、私にできるのかなあ・・・という不安な気持ち・・・。

「不安は、ギフトと言い換えることができますよ」という児島さんのことばに、勇気をもらいました。

そうだ、これからは、「つくりたい」でなく「つくります」と言ってみよう。まだ何も決まっていないけれど…。

私にとって、大きな転機でした。

※2010~2017年に書いた前のブログから抜粋して、加筆修正したものを、投稿しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました