DMZ・武力の合間の平和で豊かな世界~東アジア地球市民村2019in韓国⑥

海外交流

東アジア地球市民村の後、DMZ沿いのコースを歩く、4泊5日の平和巡礼ツアー(2019年5月26~30日)がスタートしました。

ところで、DMZとは、そもそも何でしょうか?最初に、韓国の主催者の方から、その説明がありました。私も、DMZって何なのか、実はよくわからないままに来ていましたが、このお話を聞いて、驚いたと同時に、感動しました。

DMZ=Dimitarized zoneのことで、武力の影響のない地域のこと。非武装地帯とも呼ばれます。1950年の朝鮮戦争のあとに、南北の軍事境界線が決められ、その線に沿って南北2㎞ずつにわたって設定されたのがDMZ。ここでは戦争をしてはいけないので、人が入ることもできません。

そんなわけで、結果として70年間、人が入っていないその地域は、豊かな生態系が守られ、野生動植物の宝庫となっているそうです。

武力の衝突する真ん中に、平和で命の豊かなところが生まれているという話に、驚きました。

そうはいっても、現実的には、地雷が埋めてあったりもするそうで、簡単には立ち入ることができません。

主催者の方が言われていました。南北の軍事境界線がなくなったあとに、このDMZのような平和な地域が、南北2㎞ずつではなく、もっともっと先まで広がって欲しい、それがこれからビジョンだ、と。

その祈りの旅が、今回の4泊5日の旅です。移動しながらの旅なので、4泊とも違うところに泊まりますが、それぞれに意味のある場所。

旅の報告は、次の記事に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました