プロフィール

<これまでのこと>

1967年福岡県北九州市生まれ、現在は福岡県田川郡赤村在住。
広島大学学校教育学部で音楽教育を専攻、卒業後は広島県内の養護学校(特別支援学校)に4年間勤務。その後は、教育の場は学校だけではないという思いと、自分自身がもっと広い世界を知りたいという思いから、学校現場を離れる。
アジア各国への旅、都市部ではない地域での暮らし、収入を得る手段は様々であるという体験、これからの学校や教育の様々なカタチ・・・。そして、好きな場所に住んで自分らしい暮らしを創りたい、自分自身の言葉で表現したいと思うようになる。

子どもの頃からずっと感じてきたこと・・・自分がやりたいことをやってはいけない、他の人が求めていることをしなければいけない、人の役に立たないといけない・・・自分は今のままではいけないと思いながら、いつも頑張っているのにずっとしんどかったのは、なぜだったのか。その理由に、大人になってやっと気づく。

自分が自分らしくあることがOKで、みんな多様であることがOKな世の中に。特定の誰かが持っている答えではなく、個々それぞれの答えが発揮される世の中に。そんな思いを自分の言葉で、自分なりに表現していくために、様々な試みをしている最中である。

現在の主な活動:
もうひとつのがっこう「創楽(SORA)」共同代表
「れいちゃんの大人の音楽教室」主宰
食と農と暮らしのがっこう「風和土(ふわっと)」主宰
土居自然学校 副代表

<現在、テーマにしていること>

■音楽はコミュニケーションの手段

子どもの頃、学校ではおとなしくて目立たない(目立ちたくない)子だった。人前に出ると緊張して小さな声しか出ず、自分から人に話しかけることもできなかった。ところが、中学高校で合唱と出会って、だんだん人前で大きな声が出せるようになる。また、養護学校の教員時代に、音楽は人とのコミュニケーションの手段ということ、その瞬間のライブなものだと実感する。そのことをどうやって伝えようかとあれこれ模索するが、自分のスキルに限界も感じるようになる。
その後の転機は40代後半になって、オンラインコミュニティで、いつでも・どこでも・だれとでも一緒にアドリブの音楽を楽しめる方法・ジャムセッションと出会ったことだった。現在は、セッションインストラクターとして初心者のためのオンラインセッションのホストをしたり、楽譜を使わないピアノレッスンをオンラインで開催している。

■進行役=ファシリテーター
20代の頃に出会った、参加型ワークショップと進行役=ファシリテーターというあり方。一方的に答えを教える人ではなく引き出す人・一緒に考える人に、という思いは、原点の1つ。

■これからの学校・教育とは?
学校のカタチ、教育のカタチは、いろいろあるはず・・・そう思っている中で、2009年にデモクラティックスクールと出会い、それが大きな発想の転換になる。新しい学校を創ることにも興味を持ち始めるが、まずは同じような思いの人と出会いたい。そのために、自分の思っていることをまずは言葉にして発信しようと、2010年からブログを書き始める。それがきっかけとなって、出会う人が変化してくる。

■自分の暮らしをつくる
何でも買ってきて済ませる暮らしが、自分には何もできない=自分に自信がない、ということにつながっているのかもしれない。そう思い始めたのが20代の頃。自分で作ることを、自分の手に取り戻したい。そして、いろいろやってみるようになった。身の回りのもの、衣食住、作れそうなものは作ってみる。1つずつ、作れるものを増やしていく。そしてたどり着いたのが、無理のない範囲で自給率を増やすこと。今置かれた環境で、自分にちょうどいいところで、暮らしの中で創り出すことを楽しんでいます。

タイトルとURLをコピーしました