「九州ホームスクーリングネット」 メーリングリストと、Focebookグループ

これからの学び
これからの学びホームスクーリング

メーリングリストと、Facebookグループができました

2013年から【九州ホームスクーリングネット】という名前でメーリングリスト(ML)をやっています。

九州を中心に、ホームスクーリングや多様なマナビを選択している家庭やその経験者、興味のある人たちや、子どもたちの学び・育ちの場の選択肢を広く考えている人たちによる、情報交換と交流のためのグループです。
ふだんは住んでいる場所が離れていても、同じような思いを持つ人たちと交流ができれば、また、ホームスクーリングで求めていることが交換できたら、という思いで作成しました。

https://blog.reichan.net/105/

そして、2021年11月5日、Facebookグループを立ち上げました。

現在、どちらからでも、両方でも、参加可能です。

そもそも、2013年にスタートしたときは、身近でSNSをやっている人も今ほど多くなかったので、メーリングリストで作りましたが、だんだん、周りもSNSを使う人が増えてきて、メッセージのやりとりもメールよりSNSで、ということも増えていました。

でも、SNSは、人によって使っているものも違うので、どれを使うかによって、入れる人と入れない人が出てきそうだな、と思っていました。
それに、少々アナログでも、顔の見える範囲で、ゆるやかにつながっていればいいかなあ・・・とも思っていました。

でも、最近また参加リクエストが増えてきたのと、SNS上でやりとりしてからつながる人が増えてきました。

これは、SNSの入り口も作った方がいいかもしれない、と思い始めました。

そこで、グループの作りやすいFacebookで、グループを作成しました。

メーリングリストとFacebookグループ、こんなふうに使い分けます

学校以外の学びの場がもっとあっていいはず、それが本来のあり方だという思いを持った人は、もとからあちこちにいたと思いますが、現在、それがどんどん表面化してきてる気がします。

自分を生きる、自分の学びは自分でつくるという、本来のあり方に戻ろうとしている。そして、それがますます実現可能な時代になってる。そんな時代の流れもあると思います。

MLの登録者も、気付いたら100人を超えました。
新しく登録する方が増えてくると、誰が登録しているのか、全体像がわからなくなってくるし、過去の投稿なども探しにくくなってくる・・・そこがMLの限界でした。

もともとこのグループ、それぞれが、話の合う人や出会いたいと思う人を見つけてもらって、あとは勝手につながってもらったらいいな、と思っていました。それぞれが見つけたいものを見つけてたら、そこから先は、それぞれで好きな世界を描いて、好きなカタチを生み出していってくれたら。そのためのきっかけにしてくれたらいいな、と。

そうすると、SNSを使った方が、それぞれが好きなようにつながるには、便利かもしれないな、と思いました。

もちろん、MLの良さもありますし、MLの方がいいという人もいます。そもそもFacebookやっていない人もいます。投稿をまとめてダイジェスト版みたいに投稿したり、長めのまとまった文章を届けるには、MLが便利です。

しばらくは、両方並行して使っていますので、参加希望の方は、どちらでもお好きな方でりくエストください。

九州ホームスクーリングネットのFacebookグループに参加するには

参加方法

「九州ホームスクーリングネット」のFacebookグループから、参加リクエストを送ってください。その際、3つの質問がありますので、必ず回答してください。

参加資格

基本、以下の方はすぐ承認します。(それ以外の方は、ご相談ください)

・九州在住の方や九州につながりのある方、または、九州の情報が中心になることを理解している方
・ホームスクーリングや学校以外の学びの場を、ご本人、またはお子さんや家族の誰かが選択しているか、選択肢の1つとして考えている。あるいは、多様な学びの場に理解がある方や、学びの場を開いている方なども、広く歓迎します。
・すでにMLに参加してる方は、すぐ承認します!

基本情報

非公開のグループですので、投稿を見れるのはメンバーのみです。投稿も、グループのルールや趣旨を理解した上で、自由に行ってください。出たり入ったりも、自由にどうぞ。

ということで、参加ご希望の方、お待ちしています(^^♪

九州ホームスクーリングネットのメーリングリスト(ML)に参加するには

こちらのお問い合わせフォームから、参加リクエストください。その際は、件名に「九州ホームスクーリングネット」とご記入の上、お名前・お住まいの地域(都道府県等)をお知らせください。

コメント